So-net無料ブログ作成
節約・お得 ブログトップ
前の10件 | -

協働型ロボット 日本に的 [節約・お得]

日経新聞の記事から
人と一緒に働く「協働型」と呼ばれる
ロボットの海外大手が日本に攻勢をかける

人手不足という深刻な社会問題が
新たな成長市場を生み出す可能性がある

これいいですね
人手不足に悩む日本の企業には救世主です。


協働型ロボットが大量に導入されれば
人手不足の問題は一気に解決します。




映像情報インダストリアル 2018ー1「特集1:人と働く協働ロボット」「特集2:ドローンで舞う画像技術」

映像情報インダストリアル 2018ー1「特集1:人と働く協働ロボット」「特集2:ドローンで舞う画像技術」

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 産業開発機構
  • 発売日: 2017/12/25
  • メディア: 雑誌



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

会社の存亡を決するIT人材獲得バトル [節約・お得]

週刊ダイヤモンドの記事から
日本のイノベーションを後退した原因はIT人材の枯渇にあった

高度なIT人材が足りない
経済産業省の試算では2030年には
79万人ものIT人材が不足します。

日本のIT人材の給与は驚くことに
中国 香港 シンガポールに負けています。

これでは日本の企業はIT人材を採ることは
難しいです。

高度なIT人材を獲得するには報酬と
やりがいは必要最低条件です。

IT人材の中でもAI・データサイエンティストは
枯渇度が最も高く年収が一気に倍増します。
自社の経営資源の分析にもこの手のタイプの
IT人材は必要としてきており、需要が急増している
他のIT人材のタイプと違ってIT企業だけでなく
一般の大企業も欲していることが給料をつりあげる
一因になっている
某自動車会社では年収が一気に2000万円も

新しい職種で人材が少ないため30代前半でベテラン扱いに

AI・データサイエンティストを目指すといいですよ

高い年収とやりがいが手に入ります。




データサイエンティスト養成読本 ビジネス活用編 (Software Design plusシリーズ)

データサイエンティスト養成読本 ビジネス活用編 (Software Design plusシリーズ)

  • 作者: 高橋 威知郎
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: 大型本



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

白浜で働きながら休暇する [節約・お得]

日経新聞の記事から
和歌山県 白浜町でITビジネスのオフィスを開設

白浜は南紀白浜空港にも近い

いいですね 自然に囲まれながら仕事をする

ワーク(働く)とバーケション(休暇)を合わせた
造語 ワーケションです。

今はネットワークが繋がればどこでも仕事ができる
時代です。

白浜で出勤前にサーファンでもして仕事に取り掛かる

白浜なら可能です。




自由な働き方をつくる「食えるノマド」の仕事術

自由な働き方をつくる「食えるノマド」の仕事術

  • 作者: 常見 陽平
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

アマゾン 移動分野へ投資加速 [節約・お得]

日経新聞の記事から
米電気自動車のリヴィアンはアマゾンから出資を
受けたと発表した。
アマゾンは自動運転技術を開発する
オーロラにも出資

新たな成長領域としてモビリティ分野への
投資を加速している。

アマゾンはクラウド スマートスピーカーで
世界No1の企業ですが NO1になれた理由は
先行していたからです。

クラウド スマートスピーカーで激しく追い上げられて
いますが それでも世界NO1なのは先行していたからです。

電気自動車や自動運転技術は どこも開発していますが
まだ完全な実用化にいたっている会社はありません。

つまりどこが主導権を取るのかわからない状態です。

どこにもチャンスはあります。

アマゾンが資金力にものを言わせれは
先行するかもしれません

何と言ってもアマゾンの研究開発費は世界最大




MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ

MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ

  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2018/11/22
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

私鉄14社 9社が最終増益 [節約・お得]


日経新聞の記事から
阪急阪神ホールディングスは
純利益が3%増の587億円と過去最高になり
利益額が14社中最大

阪急阪神ホールディングスの株主ですが
株価的にはパーッとしませんね
京阪ホールディングスの株主でもありますが
ライバルの京阪ホールディングスに負けています。

阪急阪神にしろ京阪にしろ ここまで株価が
上昇するとは思っていませんでした

両社とも沿線人口は減っていますから
通勤・通学客は減っていきます。

だから長い間株価は低迷していました。

ここまで株価が上昇したのは
インバウンド需要があったからでしょう


両方とも株主ですが 互いに切磋琢磨して
株価を上げて欲しいものです。




スポンサードリンク↓↓↓





nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

セコム 日本式警備の輸出加速 [節約・お得]

日経新聞の記事から
セコムは日本式警備の輸出を加速する
トルコに進出 2019年中にもサービスを
始める

国内だけだと伸びは期待できません
まだまだ進出していない国は沢山あるので
世界中に進出して
海外展開をすると伸びしろはまだまだ沢山あります。

セコムの株主なので注目しています。

海外展開が軌道に乗れば株価は上昇するでしょう




ALL SECOM  創造する経営-世界を拡大する安全・安心サービス- (B&Tブックス)

ALL SECOM 創造する経営-世界を拡大する安全・安心サービス- (B&Tブックス)

  • 作者: 大倉 雄次郎
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 2013/02/25
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:

ソフトバンクG 米自動運転宅配に出資 [節約・お得]

日経新聞の記事から
自動運転技術を開発する米新興企業ニューロは
ソフトバンクGから約1040億円の出資を
受けたと発表した。

ニューロは米国内で自動運転を使った
食料品などの宅配サービスを始めており
調達した資金をサービス提供地域の拡大などに
使う計画

またまたソフトバンクGがやってくれました

本日もソフトバンクGの株価は
245円高の終値10.260円
1万円台に復活しました。

この自動運転宅配が日本に導入されれば
現在の宅配便の人手不足の問題は一気に解決します。

インパクトは大きいです。




実用寸前のすごい技術 (青春文庫)

実用寸前のすごい技術 (青春文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2015/05/09
  • メディア: 文庫



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

電機・精密 再生医療に照準 株価は上がるか? [節約・お得]

日経新聞の記事から
再生医療は人の組織や臓器を再生して
機能を復活させる医療

ニコンは細胞を大量培養
ソニーはブルーレイを応用した細胞の選別装置

電機 精密も売上営業率は10%未満

1桁台の利益率を向上させるには再生医療

医療産業は高収益だが欠陥が見つかれば
大きな損失

ハイリスク ハイリターンです。

投資家も見極めが重要です。




ものづくり技術からみる再生医療―細胞研究・創薬・治療 (バイオテクノロジーシリーズ)

ものづくり技術からみる再生医療―細胞研究・創薬・治療 (バイオテクノロジーシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: シーエムシー出版
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

アマゾン 自動運転参入 成長鈍化 次の手探る [節約・お得]

日経新聞の記事から
アマゾンは、米オーロラに出資し、自動運転に参入した。

アマゾンも自動運転を射程に入れ、データの蓄積などを
通じて自社サービスを向上するなど
次なる成長機会を探りたい狙いだ

株主なので注目しています。

アマゾンは、ネット通販を核に クラウドサービス
音声AI ネット広告 更には自動運転と事業領域を
広げています。

研究開発費では世界最大のアマゾン

自動運転もクラウドのように世界No1になれば
アマゾンの株価は急騰します。

テンバガー(10倍株)も夢ではありません





2022年の次世代自動車産業 異業種戦争の攻防と日本の活路 (PHPビジネス新書)

2022年の次世代自動車産業 異業種戦争の攻防と日本の活路 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 田中 道昭
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2018/05/20
  • メディア: 新書



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ソニーが自社株買い 1000億円上限 株主還元で初 [節約・お得]

日経新聞の記事から
ソニーは1000億円を上限とする自社株買いを実施

自社株の取得期間は2月12日から3月22日

本日のソニーの株価は193円高 終値4906円
と急騰しました。

本日も日経平均株価は下落しました

私の保有している銘柄で本日上がったのは
ソニーとソフトバンクの2社だけです。

上昇したソニーとソフトバンクに共通しているのは
自社株買いです。


高値と安値をつける月は毎年決まっています。

「節分天井 彼岸底」の相場格言があります。

節分(2月上旬)に高値をつけ
彼岸(3月中旬)に安値をつける

年初から始まる新春相場は節分の時期まで
上昇し、3月決算に向けて調整され
しだいに下落していく。

一年を通してみると底値になっていることも多い

ソニーは良い時期に自社株買いをしますね
これから3月中旬まで株価は下落傾向
一年を通して一番安い時期に買いますから
自社の株を安値で買えます。


各社も自社の株価を上げたいと思っているのならば
ソニーやソフトバンクを見習って自社株買いを実施して欲しいものです。




日本再興のカギを握る「ソニーのDNA」 (講談社+α新書)

日本再興のカギを握る「ソニーのDNA」 (講談社+α新書)

  • 作者: 佐高 信
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/04/20
  • メディア: 新書




スポンサードリンク↓↓↓





nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 節約・お得 ブログトップ