So-net無料ブログ作成

ソフトバンクG 株式分割を発表 [資産運用]

第39回 定時株主総会招集のご通知によれば
ソフトバンクは普通株式1株に対し2株の株式分割を行う

それだけではありません。
株式分割後の2019年度の年間配当金を
2018年度と同じにする。つまり分割前と同じ
1株当たり44円のまま据え置く

つまり株式は2倍になり それに伴って
配当金も2倍になるということです。

これってスゴ~くないですか

株式分割を2倍にすると配当金は通常は2分の1に
なります。

株式は増えても配当金は増えません。
また株価も 2分の1になります。
勢いがある会社だとこれからまた株価は上昇しますが

ソフトバンクGの株式は、私は現在1100株保有しています。

株式分割後は、2200株になります。

配当金は 44円 ×2200株 = 96,800円

20%税金を引けば 77,420円です。

ソフトバンクGは株式分割したので購入しやすく
なります。
ソフトバンクは下落しても9千円台を維持して
いますから購入しようとすると手数料とか
考えるとどうしても百万近くかかります。

サラリーマン投資家にはちょつと高値ですが
半分なれば手が届きます。

高給取りのサラリーマンは別ですが
夏のボーナス 冬のボーナスで購入しようとすると
50万円台ではないでしょうか?

そのことを考えたら9千円台のセコムなんかも
株式分割してもいいのですが


トヨタや武田薬品も百株単位で当時は、50万円以下でしたから
購入できました。

ソフトバンクGも株式分割することで購入しやすく
なります。

もっともソフトバンクGは勢いのある会社だから
株式分割してもすぐに1万円台に戻るかもしれません

株式分割する企業は勢いがあるのです。
だから株価も上昇するし分割も頻繁にしますから
金融資産は増えます。

昔はリゾートトラストが株式分割をよくしていて
金融資産が面白いほど増えていたのですか
最近はさつぱりしませんね。
昔の勢いがありません。

ソフトバンクGは私の保有している金融資産で
1千万円を超えている金融資産です。

SBI-EXE-i 先進国株式ファンドは
1千万円を超えていたのですが
また900万円台に下落してしまいました。
なかなか1千万円台が定着しません。

ソフトバンクGは何だかんだと言いながらも
なんとか1千万円台を維持しています。

今まで私の保有している銘柄で配当金の最も
多いのはキャノン700株
年間の配当金は1株につき配当160円
700株保有しているので配当金は112000円
20%税金を引けば 89,600円

まだキャノンのほうが配当金は少しだけ多いですが
いずれはソフトバンクGが抜くでしょう




スポンサードリンク↓↓↓





nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ: