So-net無料ブログ作成

平成最後の大納会 なんとか2万円台死守 [資産運用]

一時は2万円台を割ってハラハラドキドキの
乱高でしだか なんとか62.85円安の終値20,014.77円

なんとか2万円を死守しました

大納会を2万円台を維持すのと割るのとでは
心理的に大分違います。

維持できて良かったです。

10月に27年ぶりに日経平均株価が上がった時には
このまま上昇するかと思いましたが
最後は失速 一時は2万円台を割りました

大納会での値下がりは7年ぶり

平成の最初の1989年12月29日の
大納会の時は日経平均株価は3万8915円と
史上最高値をつけた

しかしそれから後は下がりだし 
いまだに日経平均株価は過去最高値をいかない



スポンサードリンク↓↓↓




nice!(20)  コメント(2) 

NY株上げ過去最大 1086ドル高 大納会はどうなる? [資産運用]

日経新聞の記事から
NYダウが1086ドル高の終値2万2878ドルで終えた
明け幅としては過去最大

本日の日経平均株価は750.58円高 終値20,077.62円

日経平均株価も大幅に上昇しました。

しかしまだ完全回復には至っていません。

このまま回復していけばいいですが

問題は明日の大納会です。

なんとか日経平均株価が2万円台で大納会が終われば
来年に期待が持てますが
大納会が2万円台を切って日経平均株価が終わるとしたら
来年の株価は期待できないでしょう

大納会にかけて掉尾の一振になるか?

通常ならば12月がもっとも高値で終わるのですが
今年はどうやらそれは難しいです。



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(16)  コメント(0) 

「下町ロケット」が実現か 次世代農機に700億円投資 [節約・お得]

日経新聞の記事から
クボタは「スマート農業」と呼ばれる次世代農業に
対応した農機の開発を急ぐ
投資額は1件当たりで過去最大になる700億円

クボタはトラクターなどの自動運転を実用化し
自動走行する田植え機の開発も進めている

テレビドラマの世界だとばかり思っていましたが
実際に開発が進められているのですね

農業従事者が減少しているので
実用化すれば農業の生産性は飛躍的に向上するでしょう

農機は輸出産業にもなるでしょう

日本はいよいよ本格的に人口減少社会が
現実化します。

農業に限らず全ての産業を無人化していかなければ
社会は成り立たないのではないでしょうか





日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活 (講談社+α新書)

日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活 (講談社+α新書)

  • 作者: 窪田 新之助
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/02/21
  • メディア: 新書



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(16)  コメント(0) 

波乱相場で買い好機に!?~2019年相場で活躍期待の「人生100年」関連銘柄はコチラ!? [節約・お得]

本日 日経平均株価は1,010.45円安
終値 19,155.74円

クリスマスなのにメチャクチャ下がりました。

しかし買い手側からみたら安値で買えたので
素晴らしいクリスマスプレゼントです。

本当 お金があれば買いチャンスかも
しれません

株は暴落ですが純金信託は10円安なので
ゴールドは 強いですね

SBI証券から「人生100年」関連銘柄として

△日本トリム

△ファンケル

△JPホールディングス

△エラン

△資生堂

△アドバンスクリエイト

△MS-Japan

△チャーム・ケア・コーポレーション

△フージャースホールディングス

△リンクアンドモチベーション

等を推奨銘柄としていましたが

資生堂以外は全く知らない企業です。

確かに安値で買えるチャンスです。





スポンサードリンク↓↓↓





nice!(13)  コメント(0) 

若手経済学者 企業のデータ分析で報酬高く [節約・お得]

日経新聞の記事から
経済学で海外に活躍の場を求める日本人が増えている。
2000年代以降 海外組が国内を上回るようになった
米国で経済学者をデータ分析で生かすIT企業が増え
これを背景に人材争奪などで大学の報酬も
手厚くなっている

IT企業が経済学者を採るのは、膨大な
消費者データの分析を期待しているからだ

アマゾンはビックデータを使った売り上げ予測
ウーバーは価格変更がタクシーの利用者に与える影響分析


最近の若い研究員は海外に赴任しない
国内組が多いなど言われていますが経済学者に
関しては海外組が多い

今の経済学者はデータサイエンティスト
ですね

経済に関しては間違いなく強いのですから
これにデータ分析やコンピューターの知識があれば
引く手あまたです。




データサイエンティスト養成読本 ビジネス活用編 Software Design plus

データサイエンティスト養成読本 ビジネス活用編 Software Design plus

  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(16)  コメント(0) 

知らないと損する格安スマホの危険性をご存知でしょうか? [節約・お得]

格安スマホは情報漏洩のリスクが
高額なスマホより格段に高い

何故ならば格安スマホはその低価格を実現するため
セキュリティが脆弱な部品を使っています。

米国の研究では3万円以下のスマホはバグが多く
情報漏洩のリスクが高いと報告されています。

個人が格安スマホを持つと
セキュリティの穴が見つかってしまえば 
メッセージアプリの会話履歴 
他人には絶対に見られたくない写真
GPSの位置情報が第三者に見られてしまうかもしれません

格安スマホはこういったリスクがあると
いうことを認識したうえで使用しないと危険です。


nice!(14)  コメント(0) 

REIT増資額3割増加 今年 物件取得が回復 [節約・お得]

日経新聞の記事から
上場している不動産投資信託(REIT)の増資が
復調している。
REITは主に増資で資金を調達して物件を取得し
賃料収入や投資家への分配金を増やす
米中貿易摩擦の影響を受けにくいREITが注目

東証REIT指数は昨年末8%上昇

本日も日経平均株価は595.34円安の終値20,392.58円
と さえない展開です。

日本の場合は金利が低いので債権で資産を増やすのは
難しいです。

米国債もありますが為替変動で損する場合もあります。

そうなると消極法で不動産投資信託(REIT)と
言うことになります。




スポンサードリンク↓↓↓





nice!(16)  コメント(0) 

ソフトバンク初値 1,463円 終値1,282円 [節約・お得]

完全にこけてしまいましたね

普通はIPO(新規公開株)は 初値で売ると
100%と言っていいほどに儲かるのですが

IPOをくじ引きで当てた投資家は 幸運だと
思ったでしょうが
初値で売却してクリスマスプレゼントを企てていましたが
結果は初っ端から含み損を抱えてしまいました。


抽選に外れた買い手側にとっては高利回りの
ソフトバンクを買えて幸運です。

1500円でも配当が高いですが
それよりも安い株価で購入できたので結果的には
高配当銘柄です。

値上がりよりも配当狙いの方がいいかもしれません

ソフトバンクは公開価格割れしましたが

それでも親会社のソフトバンクグループにとっては

資金を調達できましたから この調達した資金で

AI等に投資すればソフトバンクは下落しても

ソフトバンクグループの株価は上昇するかもしれません




スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 

ジョンソン&ジョンソンを買いました。 [資産運用]

12月15日付けの日経新聞 夕刊を読んでいたら
ダウ銘柄でもっとも騰落率が髙かったのは
ジョンソン&ジョンソンの10.04% 終値133ドル

何故ディフェンシブ銘柄のジョンソン&ジョンソンが
こんなにも下落した理由は

ロイター通信が、J&Jのベビーパウダーにアスベストが含まれることが
時々あったことを同社が数十年間にわたり把握していたと報じた

かねてから狙っていましたが 
チャンス到来とばかりに買いました。

ベビーパウダー巡るロイター報道を嫌気して下落
しましたがこれは一時的なものだと考えています。

野村ホームトレードを見てみたら
128.51ドルで65株買えました。
既に早くも含み益を得ていました。

最近はグーグルと組んで手術ロボットにも進出
長期的にはヘルスケア銘柄は上がります。



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(11)  コメント(0) 

金融資産を増やす方法は株だけではありません [資産運用]

日経新聞の記事から
世界的に株価が急落 反発してもすぐに売りに押される展開が続く
株式は変動率が高まって投資効率が悪化する一方
債権は金利上昇で魅力が回復
「株しか投資先がない」状況は終わりを迎えつつある

NY株反落 496ドル安
萎縮する米株投資家

株は急落していますがここにきて債権の利回りが上昇 

ここは金利が上昇しつつある米国国債か

投資家にとっては債権投資のメリットが
でてきました。

債権はとにかく安定しています。
金利が上がっても満期まで我慢強く持てば
損はしません




証券会社がひた隠す 米国債投資法 (ワニの本)

証券会社がひた隠す 米国債投資法 (ワニの本)

  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2018/01/19
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓



nice!(16)  コメント(0)