So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年10月 | 2018年11月 |- ブログトップ
前の10件 | -

ソフトバンク 投資会社に変身 [節約・お得]

日経新聞の記事から
ソフトバンクグループの通信小会社ソフトバンクは
12月に上場する。

この方が個人的にはわかりやすくていいです。

今までソフトバンクは情報通信と投資会社の
二つの顔を持っていました。

ソフトバンクグルーブは投資会社として
専念したほうがスッキリします。



ソフトバンク・ビジョン・ファンドが現在重点的に投資して
いるのは特定の技術やサービスではなく
今後既存の産業を変革する可能性のある
交通システム 金融 不動産 医療の分野である。

孫正義社長の目利きにかかってきますが
社会を変革する企業に投資するので
当たれば極大級のホームランです。
伝説のマゼランファンドを上回るかもしれません。

伝説のファンド
マゼランファンドの資産は2,000万ドルから140億ドルへ
世界最大規模に育ちました(なんと700倍!)。
年率収益率は29%で基準価額は13年で25倍に!

三振するかもしれないので大量購入は
お勧めはしませんが
スパイスとして100株程購入しておけば
将来大化けするかもしれません




トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法   ゼロイチ

トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法 ゼロイチ

  • 作者: 林 要
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/05/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

長期成長に期待!米国×優良企業でリターンを狙う! [カード]

SBI証券から

荒れる相場の中でも、米国の成長企業は勝ち組?!
アライアンス・バーンスタイン米国成長株投信

「株価」ではなく「企業のビジネスモデル」に投資する

当ファンドでは、収益性と健全性を併せ持つ質の高い
「勝ち組企業」に投資をし、リターンを追及します。

この中で質の高い成長企業の事例で
私の保有しているVISAカードが掲載されていました。

成長ドライバーとして
1 現金や小切手決済から電子決済への移行
2 スンターネットやモバイル・ショッピング利用に
  よる電子決済の増加

このVISAカード 購入した理由は
野村証券の動画で推奨していました。

それで買ったのですか正解でした。
購入金額から3倍も上がっています。

世界のカードブランド決済別シェアでは
VISAカードは61% 過半数を超えています。

カードは日本では普及していると思われがちですが
世界的にみれば人類の半分はまだカードを所有していません

これから新興国の所得が上昇すればカードを
持つ人達が増えるのでまだまだ伸びしろはあります。

日本でもキャツシュレスは約20%
まだまだ伸びしろはあります。

カードをもっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村





キャッシュレス決済革命 (日経ムック)

キャッシュレス決済革命 (日経ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2018/03/05
  • メディア: ムック



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

日本株投資を強力にサポート「分析の匠」11/10(土)から! [銀行 証券 保険]

SBI証券から
本ツールでは、「決算ニュース速報」や「適時開示」「財務分析」など、
企業業績を基にした情報を豊富に取り揃えただけでなく、
グラフや表などで視覚的に捉えることが出来るので、
じっくりと企業の業績を分析することができ、
自分だけの投資スタイルを確立することができます。

PER PBR ROE ROAの指標はあります。

ROE = 当期純利益 ÷ 自己資本

ROA = 当期純利益 ÷ 総資産

一般に製造業・サービス業はROA重視

金融業・商社・不動産はROE重視

小売業はどちらとも言えない




会社四季報から始める企業分析 最強の会計力

会社四季報から始める企業分析 最強の会計力

  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

株式「低ポラティリティー」戦略 [節約・お得]

日経新聞の記事から
波乱相場の中では、値動きの小さな銘柄で
ポートフォリオを構成するほうが
良好な運用成績をもたらすという説がある

値動きが小さな銘柄は相場波乱時は底堅い

大きく損をしてはいけないと思う人には向く戦略

銘柄を低ポラティリティーで固めれば損をする
確立は減りますが大きく儲けることも難しです。

1つか2つスパイス的にポラティリティーの
高い銘柄を入れておけば大きく儲けることが
あるかもしれません




伝説のトレーダーに50万円を1億円にする方法をこっそり教わってきました。

伝説のトレーダーに50万円を1億円にする方法をこっそり教わってきました。

  • 作者: 坂本 慎太郎
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2018/09/21
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

「ミュージックステーション SUPER LIVE2018」テレビ朝日 株主優待 [株主優待]

テレビ朝日から毎年恒例の株主優待です。

「ミュージックステーション SUPER LIVE2018」

開催日 平成30年12月21日(金)

場所  幕張メッセ 幕張イベントホール

開始予定19:00 終了予定 23:10

100株以上の株主なら応募できます。

応募多数の場合は抽選

毎年 来ますが実は一度も行ったことはありません。

なかなか大阪に住んでいると千葉は遠いです。

首都圏在住者ならいい株主優待かもしれません

株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村




スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

日経平均のポテンシャルは26,500円!?その理由とは [節約・お得]

SBI証券から

PER(株価収益率)13倍での日経平均はおよそ23,043円となり
、現行の株価水準では
なお割安感から水準訂正の余地が残ると考えられる。
また、PER14倍では24,815円、PER15倍では26,588円となる。

ポテンシャルの根拠はPERです。

PER14倍では24,815円 それでも年初来高値24,270.62円を
更新します。

PER15倍では26,588円
年末まではここまで上がれば上出来ですが

どうなるでしょう






図解「PERって何?」という人のための投資指標の教科書

図解「PERって何?」という人のための投資指標の教科書

  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2018/01/23
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

ソフトバンク10兆円ファンド 投資先67社に拡大 [節約・お得]

日経新聞の記事から

ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資先が
67社に増える

9月末時点で38社だったが29社が
加わる。

中国動画ティックトックに出資

投資先が67社に増えたことは
それだけ有望な投資先があるということでしょう

投資先が増えることは分散投資の点からはいいことですが
増えすぎると目配りが難しくなるかもしれません

67社のうち どれか一社でもホームラン級の大当たり
になれば ソフトバンク・ビジョン・ファンドは
大化けです。


ソフトバンクは12月にはソフトバンク内にある
通信事業を別会社にして上場します。

そうなるとソフトバンクは名実ともに
投資ファンドの会社になります。

伝説のマゼランファンドを抜けばスゴ~いですが


孫正義 300年王国への野望

孫正義 300年王国への野望

  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2017/06/14
  • メディア: Kindle版






スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

日経平均 11月末2万2410円 国内投資家見通し [節約・お得]

日経新聞の記事から
国内投資家の日本株への見方が弱含み
11月の月次調査によると11月末の
日経平均株価の予想平均は2万2410円

前回調査に比べて1800円切り下がった

先高感は後退した

投資家は海外の株式 債券市場に注目している

皆が悲観一色になったほうが
株価は上がるかもしれません

皆が 株だ 株だ とはやし立てたほうが
下がります。


本日の終値は22,146.75円

最近の日経平均株価は上がったと思ったら
翌日は下がる 
下がったと思ったら翌日は上がる

傾向がなかなか絞りにくいですね

これから先上がっていくのか下がっていくのか?

よくわからないです。



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

世界有数の運用会社シュローダーの市場見通しとは [節約・お得]

マネックス証券から

詳細を見てみますと

資産クラスの見通し
株式と コモディティが やや強気です

国債と社債はやや弱気

資産クラス、分類(地域、通貨)毎の見通し

米国 日本 新興国がやや強気

日本円は強気

全般的に日本株 日本円は上昇傾向です。

株式の中でも、日本株式に関し、企業業績の改善が見られ、
バリュエーションの観点でも相対的に魅力的な水準にあると判断し、
やや強気へと見通しを引き上げ


シュローダーの市場見通しが当たるか
どうかは わかりませんが

こうなれば嬉しいところです。



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

ニューディフェンシブ銘柄を狙え!! [資産運用]

日経マネーから
従来のディフェンシブ銘柄はPERやPBRは
割安だか成長性が乏しい

ニューディフェンシブ銘柄はPERは一見割高だか
景気の動向によらず持続的な成長が期待できる
株価は継続して上昇

典型的な例はアマゾン
景気が失速してもeコマースを中心とした
ネットサービスの成長は続くからPERが
100倍を超えていても買われる

ある意味理想的な銘柄です。
こんなニューディフェンシブ銘柄で
固めれば資産は増えていきます。

日本でニューディフェンシブ銘柄は

リクルート
NTTデータ
他にも日経マネーに掲載されていました。

ニューディフェンシブ銘柄はPER等は割高ですが
売り上げや利益が伸びるので株価は上昇します。





日本株市場―相場を動かす情報とは何か

日本株市場―相場を動かす情報とは何か

  • 作者: 内藤 三千郎
  • 出版社/メーカー: きんざい
  • 発売日: 2018/05/31
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -
2018年10月 |2018年11月 |- ブログトップ