So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

仮想通貨 やまぬ流出 1~3月 世界で1300億円被害

日経新聞の記事から
1~3月は1300億円が倒産や詐欺などで
交換業者から流出した。

盗難事件では接続する瞬間がハッカーに狙われている。
完全な安全対策は難しいとの見方が広がっている。

仮想通貨は一時は 億り人
短期間で億万長者になれると一世風靡しましたが

なれた人達もいましたが大損をした人達もいます。

完全な安全対策が難しい今の時点では
仮想通貨は、まだやらないほうがいいですね

奈落の谷に突き落とされます。



スポンサードリンク↓↓↓











nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

株売買 広がる手数料ゼロ [銀行 証券 保険]

日経新聞の記事から
日本ではスマートプラスが手数料をゼロとする。
無料でも経営が成り立つのは信用取引に
伴う金利収入に加えて値付け業者に顧客注文を
回すことで得られる手数料収入があるからだ

日本のネット証券が最低売買手数料をゼロとする
動きも広がる。個人の株式投資を身近にする一方
対面証券の打撃を与えかねない

私の取引しているSBI証券も米国株式の
売買手数料をなくす動きも広がってきている。

投資家にとっては良いことです。

米国株への投資がしやすくなります。

店舗型の野村證券の25支店を廃止

どおりで店舗型の野村證券が廃止するわけです。




スポンサードリンク↓↓↓





nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

マイクロソフト49%増益 4~6月最高 [節約・お得]

日経新聞の記事から

マイクロソフトの純利益は同期49%増の
131億8700万ドル 売上高は12%増の
337億1700万ドルでいずれも過去最高を更新した。

クラウドサービスの販売拡大が続いており
継続的に収益を得るビジネスモデルを確立しつつある

大手通信AT&Tとクラウド事業で提携
長期契約が増えて将来の収入を見通しやすく
なっており20年6月期は10%を上回る
増収が続く見込み


Window7のサポート契約が来年切れると
言うことでパソコンがメチャクチャ売れているそうです。

スマホは、グーグルやアップルに太刀打ちできないですが
仕事に使うのは、パソコンですから

マイクロソフトの強みは何といってもWindowsパソコン
のシェアが高いことです。

これらが将来クラウドに置き換えれば
アマゾンを抜くかもしれません

マイクロソフトの場合 アマゾンと競合相手の
ウォルマートや小売業に顧客基盤が拡大できると
いうこどす。

小売業はアマゾンがライバルなので
アマゾンのクラウドはなかなか使えないです。

楽天もアマゾンのクラウドを使っていないでしょう

銀行も将来はアマゾン銀行もありうりますから
アマゾンのクラウドを使って手の内を見られるも嫌でしょう

そうなってくると中立性のあるマイクロソフトや
IBMということになります。

小売業や銀行は、ライバルになるアマゾンの
クラウドは使いたくないでしょう

そこがアマゾンの弱点です。

マイクロソフトやIBMはアマゾンの競合相手に
クラウドを売り込めばいいのです。

マイクロソフトのクラウドは、強みは

中立性

Windowsのシェアの高さ

クラウドの成長性

これらを考えた場合マイクロソフトの
株価はまだまだ上昇しそうです。


米企業もここにきて業績の良い企業と悪い企業の
株価に差が出てきました。

ネットフリックスは会員の伸びが鈍化して急落

IBMは4.59%の上昇で首位

選別が重要になってきました。






さわってわかるクラウドAI Microsoft Cognitive Services実践ガイド

さわってわかるクラウドAI Microsoft Cognitive Services実践ガイド

  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2017/12/15
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

アマゾン 有料会員向け特売「プライムデー」売上高最高に [節約・お得]

日経新聞の記事から
売上高は、「サイバーマンデー」と「ブラックフライデー」の
2018年実績を上回り その合計値も越えたという

有料の「プライム会員」の期間中の申込数も過去最多

物販に加え人気歌手のテイラースウィフトさんのコンサートを
有料会員限定でライブ配信するなど目玉コンテンツを用意

傘下の高級スーパー「ホールフーズ・マーケット」で
割引券を配布するなど実店舗も活用して盛り上げを図った


スゴーい 過去最高とは

今回は物販だけでなくエンタメ さらにはリアルな
実店舗まで活用しています。

まだまだアマゾンは、成長します。

株価も更に上昇するでしょう

eコマース一本主義から多角化

未来に向けた取り組みで注目は宇宙ビジネス

配当金は全く出さずその分成長分野への
投資を優先するスタイル

その象徴とも言えるのが約3.2兆円もの
世界トップクラスの研究費

トヨタが1兆円だからそのスゴ~さがわかる


クラウド市場での世界シェアは3割超えのトップで
右肩上がりの成長 更には利益率20%を超える

シェア 成長 利益率とクラウド事業はアマゾンを
薄利主義から稼げる企業へと変貌した

アマゾンは、ウォールマートとマイクロソフトが
一体化したような企業

アマゾンの対抗馬はそう簡単には登場しない





ゼロからわかるAmazon Web Services超入門 はじめてのクラウド (かんたんIT基礎講座)

ゼロからわかるAmazon Web Services超入門 はじめてのクラウド (かんたんIT基礎講座)

  • 作者: 大澤 文孝
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2019/06/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

人生100年 学び直しに注目 [節約・お得]

日経新聞の記事から
人生100年時代を迎え 「リカレント教育」が
注目を集めている。

技術や知識を学び直し キャリアアップや転職に
つなげる狙い
学び直した人は年収が10万~16万ほど上昇する
効果がある。
また就業する確率が10%~14%上昇する効果もある。

しかしリカレント教育を実施している人の割合が海外に
比べて5分の1程度にとどまるなど課題も多い

今は勉強するには良い時代です。

パソコンからスマホと通信環境もよくなり
無料で どこでも勉強できる時代になりました。

あとは やる気だけです。

格差是正には労働者の勉強です。

政府が最低賃金引上げろとか言われてはいますが それよりも
キャリアアップして年収の高い企業に転職すれはいいのです。







スポンサードリンク↓↓↓





nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職
前の5件 | -