So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

「きんゆう女子」投資気分 女子会気分で  [資産運用]

日経新聞の記事から

「投資に興味はあるが、最初の一歩を踏み出せない」そんな女性を
取り込もうと金融界が動き出した。

証券会社が集まる日本橋兜町で女性の投資初心者向け勉強会

「きんゆう女子」を毎週開く

口コミで評判が広まり会員数は募集開始から約8カ月で600人に迫る。

参加者の中心は20~30代

その動員力に注目したのが東証と金融庁

東証は「きんゆう女子」と組み兜町の金運スポットを巡る
ナイトツアーを主催した。

投資に関心を持つ女性が増えることは良いことです。


美味しいものを食べ、好きなブランドの洋服を身につけ、

大好きな家族や恋人、友人たちと一緒に楽しい時間を過ごす

あこがれのあのお店でちょっとリッチなディナーがしたい、

海外に旅行に行きたい……。

そんな充実した毎日を過ごすのに、
お金は欠かせない存在です。

ここで登場するのが、お金を増やす、
つまり「投資」という視点です。

それに投資には、もうひとつ、
とっておきの効用があります。

それが、経済のしくみに強くなれるということです。

経済の勉強は、女を磨くとっておきのお稽古事です。

女性がハッピーな毎日を送るためには、
お金を上手に味方につけることがとても大切です。

お金を味方につけて女を磨き、
ひとつでも多くの夢を実現させましょう。



スポンサードリンク↓↓↓





株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

投信手数料 安さ競う [資産運用]

日経新聞の記事から

eMAXIS SLimシリーズの投資信託の特徴は
信託報酬料 0.18% 

更に信託報酬料を機動的に下げ業界最低水準を維持する

これが事実ならばインデックスファンドは
eMAXIS SLimシリーズがいいということになります。

インデクスファンドの場合は指数への連動なので運用成績には
差がでない。

差があるとしたら信託報酬料のコストだけです。

安ければ安いほど長期的には運用成績は良くなります。

投資家にとっては良いことです。



スポンサードリンク↓↓↓





株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

40代、50代に「老後貧乏予備軍」が増えている! [資産運用]

DIAMOND onlineから

退職金が住宅ローンと教育ローンの
返済で無くなると、老後資金はほぼゼロに!

年金収入の目安は年200万~240万円程度

あなたは年収200万円で老後を生きていけるか?

老後のために貯蓄は必要不可欠です。

今40~50代なら、老後資金の目安は3500万円

これだけ貯めれるかどうかで 老後難民に
ならないかどうかが決まる

老後難民にならないためには積立を
1日でも早く1円でも多く積立をすることです。

それが老後難民にならないための方法なのです。



スポンサードリンク↓↓↓





株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

資産運用でドルコスト平均法は万能ではない!! [資産運用]

日経新聞の記事から

資産運用の方法として「ドルコスト平均法」には様々な
利点はありますが 万能ではありません。

ドルコスト平均法は積立額が一定なので安い時には
多くの量を買え高い時には少ない量を買うことにより
結果的に平均購入額を低めに抑える効果がある。

私は今現在 
SBI-EXE-i 先進国株式ファンド
SBI-EXE-i 新興国株式ファンド
をそれぞれ1万円ずつ

田中貴金属で金とプラチナを5千円ずつ

積立していますがドルコスト平均法になりります。

今とところ損はしていません。

万能ではないですが資産を増やすには成功の確率が
高い資産運用です。

このドルコスト平均法が全く通じないのは長期的に
下落している金融資産です。

こうした金融資産はいくら積立しても資産は増えません。
むしろ減ります。
代表的な例なら日経平均株価です。

かと言って一本調子で上がる金融資産ならば
最初に一括して買っておいたほうが
ドルコスト平均法より資産は増えます。

ドルコスト平均法が真価を発揮するのは上がったり下がったり
するけれど長期的には右肩上がりの金融資産です。

代表的な例ならばNYダウです。

NYダウのインデックスファンドを確か1982年から積立しておけば
10倍になったと言われています。

老後は安泰ですね

金融資産で一本調子で上がるというのは現実的にあまりないので
初心者はドルコスト平均法 それも長期的に右肩上がりの
米国株か新興国の株のインデックスファンドです。

これを長期積立しておけば
増え方の違いはありますがほぼ間違いなく金融資産は増えます。

必ずしも1億円になる訳ではないが
それでも確実に金融資産は増えます。

ドルコスト平均法は成功の確率が高いので
初心者はおススメです。




スポンサードリンク↓↓↓





株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

世界市場の急変に備える [資産運用]

日経新聞の記事から

日経平均株価は2015年12月以来1年半ぶりに
2万円を回復いたしました。

317円高 終値20,177円

指数を見る限り今の所は安定してはいますが

しかし今年は末尾に7の付く年です。

末尾に7の付く年は金融ショックが起こっている年です。 

近くだと2007年のリーマンショック

1997年「アジア通貨危機」

1987年「ブラックマンデー」

2017年に金融危機が起こるかどうかは 
まだわかりませんが 
世の中 予測もしていないことが
起こるかもしれません。

私達個人投資家が出来ることは分散投資です。

株が下落すると思ったら換金化しておく

株は下落しても現金は下落しませんから
減りはしません。

あるいは儲けを狙うのならペアファンド

資産配分を機敏に変えることです。



スポンサードリンク↓↓↓





株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

祝!日経平均2万円回復 この先どうなる日本株 [資産運用]

2017年6月2日、日経平均は2015年12月以来1年半ぶりに
2万円を回復いたしました。

317円高 終値20,177円

今年に入って週刊現代や週刊ポストが
日経平均株価2万円台を盛んにはやし立てて
いました。

また最近だとまだ2万円台に到達してもいないのに
金融専門誌 
日経ヴェリタス5月14日号 「今度の2万円は違う」

到達して良かったですね

到達しなかったら金融専門誌の日経ヴェリタスは 
とんだ赤恥をかくところでした。

本来は2万円に到達してから記事を書くべきです。
いくらなんでも勇みすぎです。

さてこのまま日本株は一段の上昇となるのでしょうか

それともこれが頂点でまた下落するのでしょうか

どちらになるかはわかりませんが 

これはもしかしたらですか 日経平均株価2万円突破は
これが最後かもしれません。


私は東京オリンピックまであともう1回は2万円台を
突破すると思っていましたが これが最後かもしれません。

日本は哀しいことですか東京オリンピックの宴の後は
少子高齢化が更に進みます。

日本の国内市場が縮小していくなかで日経平均株価が
2万円を突破するのは難しいのではないかと思うのです。

もちろん個別企業でグローバルな展開をしている企業は
国の衰退とは関係なしに株価は上がっていくかもしれません。

しかし日本の企業の全体を表している日経平均株価は
もう2万円突破はこれがもしかしたら最後かもしれません。

私の予想が外れて3万円台に行ってくれると嬉しいですが
なかなかそうはならないでしょう



スポンサードリンク↓↓↓





節約・貯蓄についてもっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   

節約・貯蓄 ブログランキングへ
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2017年5月の資産状況 [資産運用]

毎月月末には資産状況をExcelに記録しています。

2017年5月の資産状況です。

<日本株>
日本株は、保有している株の総額で比較しています。
日本株は先月より増えました。

<海外株>
SBI-EXE-i 先進国株式ファンドは先月より増えました。
SBI-EXE-i 新興国株式ファンドは先月より増えました。 

S&P豪州ETFは先月より減りました。

<米国株>
IBMは先月より減りました。
VISAカードは増えました。


<海外債券>
米ドルMMFは先月より減りました。
豪ドルMMFは先月より減りました。


野村インデックス新興国債為替ヘッジは先月より増えました

<日本REIT>
森ヒルズリートは 先月より減りました。
東証REIT-ETFは先月より増えました。

<海外REIT>
三井住友TAM-SMTグローバルREITインデックス・オープンは減りました。
eMAXIS新興国リートインデックスは増えました。


<コモディティ関連>
田中貴金属は金は減りました。
プラチナは減りました。

<バランス>
JPMワールドCBは先月より増えました。

金融資産総額は
前月対比は102.02% 前年対比は108.18%

5月は4月を上回りました。下げ止まりました。

日経新聞の記事から

設備投資4.5%増 1~3月 車・建設けん引



スポンサードリンク↓↓↓





株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
タグ:資産状況
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

連続増配銘柄は上昇する! [資産運用]

日経新聞の記事から

日経平均株価は2万円台を目前にしてなかなか突破しませんが

そうした中で続伸1週間超えの銘柄が続々と登場しています。

1週間を超えて続伸している銘柄は知名度が高く配当や
株主優待で人気の内需銘柄です。

▲マクドナルド

▲OLC

▲カゴメ

▲ニチレイ

▲ヤクルト

▲花王

▲ライオン

▲ニチレイ

▲ニトリHD

▲日清食HD


ただ今から買いにいっても高値掴みになる恐れがあります。

反面 自動車やメガバンクなど日本を代表する大型株は軟調

株式投資で儲けるには安い時に買って高くなったら
売るというのが儲けの鉄則です。

ここは大型株を購入したほうが後々いいかもしれません。

大型株なので倒産リスクは限りなくゼロ

あとはひたすら上がるまで待つだけです。




スポンサードリンク↓↓↓





株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

REITは利回りの魅力が高まり買い時 [資産運用]

日経新聞の記事から

REITに思わぬ売り手

それは毎月分配型投信

REIT市場は個人を含めた投資家にとって
貴重な利回り確保の場が金融庁の顧客本位の
業務運営路線の強化の余震で割安感がでている。

毎月分配型投信をREITで個人が作れるチャンスです。




スポンサードリンク↓↓↓





株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

V字回復銘柄を狙え [資産運用]

日経新聞の記事から

2017年3月期は業績のV字回復に成功した企業は
少なくない

事業内容を大きく変化させている企業や
資源価格の影響を受けやすい企業が目立つ

最終損益の改善額

1位 ソフトバンクG
2位 三菱商事
3位 JR九州
4位 JXTGHD
5位 三井物産
6位 ホンダ
7位 シャープ
8位 商船三井
9位 トクヤマ
10位 豊田通商


V字回復銘柄は株価が急騰する確率が高いので
日経平均株価が2万円台を回復しないでもたついて
いる間に購入しておくといいでしょう




スポンサードリンク↓↓↓





株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: