So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
資産運用 ブログトップ
前の10件 | -

巨人IBM復活か? [資産運用]

日経新聞の記事から

IBMは19四半期連続減収と業績面では
決して万全ではないが株価には復活機運がにじむ

「成長戦略の説得力が増している」米ゴールドマン・サックスの
ジェームズ・シュナイダー氏は最近のIBMについてこんな評価を下す。

人工知能「ワトソン」とクラウドサービスで競合に比べて収益機会を得る
可能性が出てきているという。

巨人IBMの命運を握るワトソンとクラウドの二大ビジネス

IBMはメインフレームやコンサルティングを活用した基幹系情報サービスに
固執した結果 クラウド分野でアマゾンに出遅れた。

しかし競合に比べ優位性のある人工知能「ワトソン」をクラウド上で
展開する主要サービスと組み合わせれば挽回余地はあるとみている。

IBMは巨人である為 なかなか軌道修正が難しいところはありますが
一旦軌道修正が上手くいけば底力はあります。

IBMの米特許取得最多は24年連続です。

最近のIBMの株価は時たまプラスになったりすることがあります。

依然はずって含み損を抱えていましたが いずれはプラスが定着するでしょう

私の頭の中ではIBMは長期投資と考えています。

なんせあの長期投資家で名高いハイテク嫌いのパフェット氏が大量保有している
企業ですから

長期的には報われると思っています。

株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

NTT 7年連続増配へ [資産運用]

日経新聞の記事から

NTTは2018年3月期に7年連続の増配を
検討する。

今期の年間配当は120円で来期は10円以上
積み増す公算が大きい

過去の累積配当を加味するとようやく
1987年の第1次売り出し価格を上回った

NTTの場合は配当金狙いだけで買ってもいいぐらいです。

これにIoTゃAI(人工知能)が花開けば 安定した通信株から
成長株になります。

配当金と値上がり益の両方が狙えます。

株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

知らないと損する 簡単な企業価値の算出方法 [資産運用]

ネットマネーから

企業の価値は財産価値(BPS=1株当たりの純資産)と

収益価値(EPS=1株当たり当期純利益の10年分)を

足し合わせることでおおむね計算できます。

この計算式を使って今の株価が企業価値を

大きく下回る企業を見つけ出せば将来的に

株価の水準訂正が起こる可能性があります。


1株当たりの純資産(BPS)=純資産÷発行済株式数


1株当たり当期純利益(EPS)=親会社に帰属する当期純利益÷発行済株式数


簡単な企業価値算出方法

株価(時価総額)=目に見える価値(BPS)+目に見えない価値(EPS×10年分)


この式は役立つので覚えておこう

株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

押し目買いチャンス到来か!? [資産運用]

SBI証券から


テクニカル的にみると日経平均株価の下げは一巡している
可能性もありそうです。
今後、米国の金利に対する強気な見方が回復し、
我が国の企業業績の拡大を織り込む流れが強まれば、
日経平均株価は上昇に転じる可能性もあります。
であれば、今は押し目買いチャンスと言えるかもしれません。

ドル・円相場(週足)・一目均衡表に円高方向に分厚い支持ライン
が見られるということです。


日経平均株価は上がったと思ったら
10円単位で少しずつ下落しています。

なかなか日経平均株価は2万を超えそうで超えないです。

注目は4月です。外国人投資家がここ数年買い越ししている


株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今期「最高益」「大幅増益」は売却したほうがいい [資産運用]

意外かもしれませんがあまりにもポジティブすぎるのは

今の時点が頂点です。

これ以上の株価上昇は望めません

逆に下がってしまう恐れがあります。

株式投資は今後 良さそうな銘柄を探すのが

鉄則でいま絶好調を買うのは高値掴みになります。

業績を見るのならば今期ではなく来期です。

株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

上げ上げの日本経済 「円安株高」はこのままずっと続くぞ [資産運用]

週刊現代の記事から

早ければ3月末 遅くとも4月半ばには

日経平均株価は2万円台に乗せているでしょう

株価は2万円どころか3万円に

なんとも威勢のいい記事ですが

本当にこうなるかどうかはわかりませんが

4月は過去10年以上連続で海外投資家が

日本株を買い越しています。

企業業績はいいみたいです。

日本企業は稼ぐ力を取り戻してきました。

あとは2万台到達をじっくりと待つだけです。

株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

金庫株消去銘柄を買え!! [資産運用]

日経新聞の記事から

金庫株の消去を発表した銘柄が上昇している。

ダスキンや菱洋エレクトロが大幅に上昇

「消去されれば売り出し懸念がなくなり
 安心感はかなり大きい」

一時 企業の自社買いが流行った時がありました。

株価が低迷すれば自社で自社の株を購入するというものです。

その為自社買いを発表した企業は株価が上昇するわけです。

しかし株は金庫株として保管されてるので株価が上昇すれば
売却され株価は下落します。

しかし消去してしまえば売却は出来ないので株式の発行数が
減少すれば1株当たりの株価は上昇する確率が高まります。

決算短信などで金庫株の使い道に触れる企業もあるので
消去方針を示す銘柄を買うことです。

XBRLの決算短信をダウンロードすればわかります。

株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

中小型株で「10倍銘柄」を見つける方法とは [資産運用]

日経新聞の記事から
日経ジャスダック平均株価は小幅ながら上昇
けん引役は株式市場で「テンバガー」と呼ばれる10倍銘柄

10倍銘柄に共通するのは

「他社と差別化できる強味がある」ことだ

要は独自のビシネスモデルで安定して稼げる
銘柄を発掘できるとかどうか

個人は機関投資家と異なり長期視点でじっくり上昇を
待てる優位性がある


株式投資の醍醐味テンバガー 10倍銘柄の発掘は
新興市場でないとなかなか発掘できません。

1部上場企業は安定はしていますが大幅な値上がり益は
期待できません

株主優待を もっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【田中貴金属工業】もれなくプレゼント♪月額見直しキャンペーン実施中! [資産運用]

私が純金積立とプラチナ積立をしている田中貴金属から
純金またはプラチナ積立金額のどちらかを積立金額を3,000円以上増額いただいた方に

『キントンマウス』&『プラトンマウスパッド』をもれなくプレゼント

さらに両方の増額でウィーン金貨ハーモニー1/10オンスを
  抽選で10名様にプレゼント!!

キャンペーン期間: 2017年3月1日(水)~ 2017年4月30日(日)


私は G&Pプランナーで金を5千円 プラチナを5千円ずつ積立しています。

どちらかを3千円上乗せすればプレゼントをくれるというものです。

『キントンマウス』&『プラトンマウスパッド』は大したことことは
ないですが

ウィーン金貨ハーモニー1/10オンスは魅力的です。

でもこれは、抽選ですから

節約・貯蓄についてもっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   

節約・貯蓄 ブログランキングへ


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

サラリーマン家主 一棟アパートVS区分マンションどっちがいいの? [資産運用]

「適正エリア」、「収益性」、「空室リスク」、「税制メリット」など、
さまざまな観点で双方の投資商品としての性質の違いがあります。

マンションなどの一室のみを投資のために購入する
「区分マンション」と言います。
少ない費用で購入でき、不動産投資を始めるには適した物件です。
より効果的な投資方法は、
都市部の資産価値の高いマンションに狙いを定めることです。

一棟丸ごとのマンションへ投資を行なう場合には土地も含めた
すべての不動産が担保評価の対象となりますから、
区分マンションに比べ融資を受けやすくなるのが、
こういった「一棟マンション」の代表的なメリットです。
また、建物が古くなり資産価値の低下が懸念されるようになった際には、
リフォームや建て替えで資産価値を再度高めたり、
また土地を売却することで一定の利益を確保することが可能となります。
また、多数の部屋を所有することから空室に対してリスクを分散できるのも魅力です。
多少の空室があっても毎月家賃収入が入るからです。。
しかし、たくさんの部屋があり、共有部分も含めたすべての管理を
していかなければなりません。管理が大変です。


一棟アパート 区分マンション それぞれ一長一短があります。


一棟アパートの良いところばかり選んだのが
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
パナホーム<ビューノ9>

自分の住んでいる土地に9階建ての多層階住宅を
建てるというものです。

パナホーム<ビューノ9>.gif

9階建ともなれば上層階には二世帯同居ができる
自宅スペースがつくれ下層階には店舗やオフィス、
中層階には賃貸スペース、快適なくらしと収益生活、そ
して将来の相続税対策の一石三鳥が実現すると
いうものです。

借金は賃借で返済でき 管理は自分達の住んでいる
ところですから簡単にできます。
相続対策にも良いといいことずくめです。

なるほどね 都心の立地のいい場所なら可能でしょう

店舗やオフィス 賃借ができますから

ほったらかしでお金が入ってくるのですから

地方でアパート経営しても難しいでしょう
地方に住んでいる人達は土地を売却して
東京都心に引っ越してきてこれをやるといいでしょう。

節約・貯蓄についてもっと知りたい方は こちらをどうぞ
    ↓↓↓   

節約・貯蓄 ブログランキングへ


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - 資産運用 ブログトップ