So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
資産運用 ブログトップ
前の10件 | -

国内最大インフラ基金 三菱商事・みずほ銀行 1000億円 [資産運用]

日経新聞の記事から

三菱商事やみずほ銀行などが空港、インフラに投資する
ファンドを月内にも立ち上げる。
運用額は最大1000億円で国内のインフラファンドとしては最大だ
安定した料金収入が見込める資産に投資して利回りを確保する。
出資する投資家は2019年3月まで募り将来の上場も検討する。

インフラファンドは現在まだ4社しか上場していません。

まだどうなるかはわかりませんが上場となると
利回りが期待できそうです。

分散投資の金融商品としてはいいかもしれません。

インフラは老朽化しており こうしたファンドの活用で
インフラが再整備されるのならば良いことです。




よくわかるインフラ投資ビジネス

よくわかるインフラ投資ビジネス

  • 作者: 福島隆則
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2014/11/28
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

プラチナ 長引く価格低迷 [資産運用]

日経新聞の記事から

プラチナの価格低迷が鮮明だ

2015年から金よりも安くなり今年の9月には
同じ貴金属のパラジウムとの相場も逆転した

プラチナは金の産出量の20分の1

当然のことながら希少性はプラチナの方がある

通常ならばプラチナの方が高いはずである

しかし金と更にパラジウムよりも価格が安い

私が田中貴金属で積み立てしている金とプラチナも
金の方が資産額が大きいです。


アメックスのゴールドカードよりランクの上はプラチナカードですが
こうなってくるとゴールドカードの方が値打ちがあるみたいに感じます。

プラチナチケットの言葉もこうなってくると使われなくなって
くるかもしれませんね

逆にみれば安い時こそプラチナバー 

小さいので持ち運びも簡単だし

タンス預金の代わりにはいいかも








スポンサードリンク↓↓↓





nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

世界の株「割高」増える [資産運用]

日経新聞の記事から

バンクオブアメリカ・メリルリンチが発表した

11月の機関投資家調査によると世界の株式について

「割高」と答えた比率から「割安」と答えた比率を引いた指数は
48ポイントで過去最高だった

日本株に絞っても「割高」とみる比率は高かった

一方で機関投資家の多くが手元の現金の比率を落としてることが
わかった

「割高と感じてるのに株式に資金を投じていることになる」
株を買わされている機関投資家が多い

機関投資家の場合は個人投資家と違って 常に
投資をし続けなければなりません。
なぜならば運用成績をあげるのが仕事だからです

つまり割高だと思ってみても株式に投資しないといけない訳です。
そうしないと運用成績はあがりません。

個人投資家は割高と思ったら無理に投資しなくてもいいのです。

これこそが個人投資家が機関投資家に対して持っている最大の優位性なのです。

個人投資家はこの優位性を最大限に活かして機関投資に勝ちましょう





機関投資家を打ち負かす時間と複利を味方につけた個人投資家の必勝法

機関投資家を打ち負かす時間と複利を味方につけた個人投資家の必勝法

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2017/04/22
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

キャノン 配当金10円増 160円 業績回復で [資産運用]

日経新聞の記事から

キャノンは2018年12月期の1株当たり10円増の160円

有機EL関連の製造を手掛けるキャノントッキが好調

医療機器の東芝メディカルも利益を押し上げる

課題だったデジカメも収益が底入れしつつある

キャノンはまたまた増配です。

キャノンは絶好調です

配当狙いで買ってもいい銘柄です。

医療機器が上手くいけば株価上昇も見込めそうです。

キャノンの上場来高値は2006年5月2日の9,020円

上場来高値更新の鍵を握るのは医療機器でしょう

安定性 将来性 配当金と3拍子揃った企業です。




キヤノンの人事革新がすごい!

キヤノンの人事革新がすごい!

  • 作者: 伊藤 晃
  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2005/04/21
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

堅調な企業業績で株価は上昇傾向 [資産運用]

マネックス証券は、人工知能(AI)を
活用し作成した月次レポートを提供している
それによれば
今後1ケ月の世界の相場の「天気予報」は概ね晴れであり、
原則として株式の好パフォーマンスが期待できるフェーズではある
但し、欧米で金融政策は引き締め方向にあるなど、
上昇余地が大きく残されているとは言いがたい

人工知能(AI)の予測が当たるかどうかはわかりませんが
投資家が知りたいのは そろそろ頂点でピークアウトするのか
それともまだまだ上昇するのか?

ここ数日は下落傾向が続いてます。

株は秋に買って春に売れば勝率は高いですから

押し目買いにはいいかもしれません。





必勝!スイングトレード50の法則―〈押し目買い〉こそ株投資の基本である! (フロムムック (94))

必勝!スイングトレード50の法則―〈押し目買い〉こそ株投資の基本である! (フロムムック (94))

  • 作者: 北浜 流一郎
  • 出版社/メーカー: フロム出版
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: ムック



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:

株がピークアウトしたら安定債権に乗り換えろ [資産運用]

日経平均株価が ここ数日停滞していますが

どこまで日経平均株価が上昇するのかわかりませんが

株価がピークアウトしたら安定債権に乗り換えましょう

国内債券ファンドはマイナス金利の為 投資するだけ損をします。

そうなると個人向け国債です。

個人向け国債は投資家保護の観点から年0.05%の最低金利が
保証されています。

固定3年物 固定5年物 変動10年物とありますが3本とも
利率は0.05%です。

大手都市銀行の定期預金の利率が0.01%前後ですから
投資妙味はあります。

変動10年物は金利が上昇すれば利率も上がるので
これがいいかもしれません。

発行から1年過ぎれば直近2回の利息を払えば解約できます。

財政赤字とか言われてはいますが なんだかんだ言っても
個人向け国債が不払いにでもなれば社会不安になるので
まがりなりにも国が発行する債権なので民間企業の社債よりは信頼できます。

個人向け国債は利回りよりも今は証券会社がくれる
プレゼントの方が魅力的です。

10年債を1000万円購入すれば40,000円くれます。

米国債は償還日2027年 2.12% 

為替と金利に変動があっても米国債はリターンをしっかりともたらす




証券会社が売りたがらない米国債を買え!

証券会社が売りたがらない米国債を買え!

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2011/08/25
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

REIT相場に上昇期待 [資産運用]

日経新聞の記事から

不動産投信信託(REIT)相場にじわり上昇期待が高まっている。

下値では長期運用の資金による買いが入り始めた。

年末にかけて相対的に割安なREIT市場に

投資マネーが還流するとの見方が出ている。

REIT相場は投資尺度でみると歴史的な安値水準にある。


国内REITの場合は為替変動もありません。

REITの場合下落は利回りの上昇になるので下値の抵抗は強いです。

メチャクチャ上がることはありませんがムチャクチャ下がることもありません。

利回りと反転を期待するのならはREITは買うにはいい時期です。






REIT(不動産投資信託)まるわかり! 徹底活用術2017-2018年版 (日経ムック)

REIT(不動産投資信託)まるわかり! 徹底活用術2017-2018年版 (日経ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: ムック



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

NTT 株高支える変身 [資産運用]

日経新聞の記事から

NTT株が内なる変革を支えに上昇を続けている。

30年前と比べて収益構造は様変わりしている。

上場直後の1987年は売上げの8割が固定電話に依存

現在は地域通信 移動通信 データ通信 長距離国際通信等と
収益源がほどよく分散されている。

これが業績に安定度をもたらし2018年3月期の連結純利益は
3期連続で過去最高を更新する見通し

NTTは本日は24円安でしたが長期的には右肩上がりです。

日経平均株価が2万円割れをした際にも連れ安にならず
右肩上がりです。

NTTの場合は通信収益があり安定しています。

それとIoT AIなど将来性もあります。

NTTは量子コンピューターの開発も進めています。

実用化されたら一気に株価は上昇です。

配当金も多く更に毎年増えています。

安定性 将来性 配当金と3拍子揃った企業です。




量子コンピュータが人工知能を加速する

量子コンピュータが人工知能を加速する

  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

日本に本当の株高は来るか? [資産運用]

東証、25年10カ月ぶり高値=389円高、好業績期待で買い

日経平均株価の終値は2万2937円60銭

このままいくと日経平均株価が25,000円に到達する可能性もある


日経平均株価の最高値は1989年の大納会に記録した史上最高値:3万8,915円

そのことを考えたらまだまだというところですが

米国株は史上最高値を更新し続けていますが日本株は
いまだに3万円台に到達していません。

3万円台を今度は突破するか?

それとも2万円台のまま また下落するか?

日経平均株価が下落しても稼ぐ力があれば個別企業の株価は
上昇するでしょう





日経平均の読み方・使い方・儲け方

日経平均の読み方・使い方・儲け方

  • 作者: 阿部 智沙子
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2015/11/12
  • メディア: 単行本




スポンサードリンク↓↓↓





nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

ソフトバンク傘下スプリント 米CATV大手と提携 [資産運用]

日経新聞の記事から

Tモバイルと経営統合交渉を打ち切った


米CATVとの提携を模索する。

本日もソフトバンクの株価は暴落していました。

スプリントが上手くいくかどうかによって

ソフトバンクの株価が影響を受けます。

IoT時代になればソフトバンクにとってスプリントは

金のなる木です。




2時間でわかる図解Iotビジネス入門

2時間でわかる図解Iotビジネス入門

  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2016/07/01
  • メディア: Kindle版




スポンサードリンク↓↓↓







nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 資産運用 ブログトップ