So-net無料ブログ作成

ロボットが仕分けアマゾン、最新の物流拠点を大阪 茨木市に [節約・お得]

日経新聞の記事から
アマゾンジャパンは最新のインターネット通販の物流拠点を
9月から大阪府茨木市で稼働させる
商品の保管から仕分け作業などをロボットが担う。
書籍やCD・DVDなどの商品を取り扱い、
ロボットを導入した物流拠点は2016年に
稼働した川崎市に次いで国内で2カ所目となる。

大阪府茨木氏は私の住んでいるところの近くです

物流拠点が茨木市にできると言うことは 私が今現在
入会しているアマゾンプライムの配送は もっと早くなるでしょう
多分注文すれば午前中だったらその日のうちに届くのでは
生鮮食品なんかも扱うのでは

首都圏で実施されているアマゾンプライムナウは
1時間で届くそうです。
大阪圏もそうなるでしょう

アマゾンの物流は 日本の物流と比較するのならば
アマゾンは大学生 日本の物流は小学生だと言われています。
時間 コストともに日本の物流はアマゾンには対抗できません

大学生と小学生ぐらいの差があるほどアマゾンの物流は
優れています。

その位 差があるということです。

日本の流通が対抗するとすれば通販ではなくリアルな
店舗で対抗するしかありません

ドン・キホーテのようなワクワクする店舗を作ることです。




なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか

なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか

  • 作者: 林部健二
  • 出版社/メーカー: プチ・レトル
  • 発売日: 2017/12/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



スポンサードリンク↓↓↓





nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング
メッセージを送る