So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

街の隙間 そこ、私に使わせて [節約・お得]

日経新聞の記事から

東京都心の目黒沿いにあるマンションの1階で
かき氷やクレープを売るお店がオープンした。
もともと誰も使わなかった空きガレージ

空いた駐車場 空いた倉庫 ただ持って税金を払うだけなら
少しでもお金にしたい

空いた場所にニーズを生むのは良いことです。

しかしこのニーズがあるのは都心だけです。

この空いた場所は人が通るところでないと
ダメだということです。


私の故郷の商店街はガレージが閉まった空き店舗で
一杯です。

歩いてみたのですが開いている店よりも閉まっている店のほうが
多いのです。
8割ほどは閉まっています。

年末なのに人通りがほとんどないのです。

この商店街で店をオープンすると月に5万円の助成金をもらえます。

しかし私はここでは助成金をもらっても店をオープンしたいとは
思いません。

とにかく人がいないのです。 

これでは絶対に採算はとれないでしょう




空き店舗絶滅作戦―商店街賑わいづくりのポイント50+10

空き店舗絶滅作戦―商店街賑わいづくりのポイント50+10

  • 作者: 後久 博
  • 出版社/メーカー: 内山工房
  • 発売日: 1999/12
  • メディア: 単行本



スポンサードリンク↓↓↓




nice!(13)  コメント(2)