So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

2011年12月の資産状況 [資産運用]

記事数が今年の最後で2千になりました。
切りの良い数字です。

毎月 月末には資産状況をエクセルに記録しています。

2011年12月の資産状況です。

さわかみファンドは先月より減りました。

バンガード海外株式は先月より増えました。
HSBCチャイナオープンは先月より増えました。
HSBCインドオープンは先月より減りました。
HSBC BRICsオープンは先月より減りました。
アラブ株式ファンドは先月より増えました。
S&P豪州ETFは先月より減りました。


米ドルMMFは先月より減りました。
ユーローMMF先月より減りました。
豪ドルMMFは先月より増えました。

外貨MMFは豪ドルMMFのみ増えました。

森ヒルズリートは 先月より増えました。
東証REIT-ETFは 先月より減りました

住信グローバルREITインデックスは増えました。

ニッセイ コモディティファンドは先月より減りました

田中貴金属の金 プラチナとも先月より減りました


金融資産総額は
前月対比 99.08%   昨年対比 84.34%

金融資産総額が一番悪かったのは12月でした。

9月が底かと思っていましたが結局最後の12月でした。


調べてみると2008年のリーマンショックの
12月よりも悪い金融資産総額でした。


さて2011年も終わった訳ですか 今年も
いろいろありましたが やはり一番影響を与えたのは
3月11日の東日本大震災です。

鉄板企業と言われてた東京電力の大暴落 そして想定外の無配
それに引っ張られれる形で関西電力 中部電力 本来配当利回りの
関係で暴落しないと言われていた電力株が総崩れ 

追い打ちをかけるようにタイの洪水 ギリシャ危機と次々から次へと危機が起こり
今度は輸出関連株が総崩れ

日本株は
12月31日 日経新聞の記事から
年末株価29年ぶり安値

という結果になりました。

更には円高で外債も海外株式 海外REITと全滅

金融資産は壊滅的な打撃です。

今年強いてよかったとすれば金ですが その金も年末には暴落
結局のところ 今年1年振り返ってみてよかったのはないということです。

長年資産運用をしているが 今年は例年になく資産運用が難しい
1年でした。

分散投資はしていても いいのがないのだから打つ手がない

リーマンショックから傷が癒えませんね。

それでは皆さん よいお年を

タグ:資産状況
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

国内初 労組100%出資の投信 ユニオンファンド [銀行 証券 保険]

ユニオンファンドの 採用ファンドは

さわかみ投信 キャピタル・インターナショナル
ハリス・アソシエイツ コムジェスト
 
ファンド オフ ファンド

新興国の投資比率が50%に近い

販売手数料は 無料 
信託財産留保金 無料
換金手数料 無料

信託報酬料 年1.9%±0.3%(概算)

信託報酬料はファンド オフ ファンドということで
若干高い

ただそれ以外は 無料というところが労組が作った
ファンドの為 投資者の懐には優しい

純資産額は 10億円だか 購入しているファンドが
純資産額が多いので心配する必要はない

資産運用の方針ははさわかみさんの長期投資と同じ考え

販売は直販のみ 

このユニオンファンドのよい点は

▼ 運用コストが安い

▼ さわかみ投信は日本株だけだか
  日本だけでなく海外の先進国 新興国に投資している。
  特に新興国の投資比率が高いため長期投資ならリターンが高い
  日本株だけのさわかみ投信に不安を持っているのなら
  こちらがいいでしょう。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

年金と名の付く金融商品の落とし穴 [節約・お得]

年金と名の付く金融商品はなぜ損をするかの?

ファイナンシャルプランナー 内藤眞弓の説

公的年金に対する不信感から計画的に老後年金が準備
できる 「個人年金保険」

毎月一定の保険料を支払い続け60歳以降に
一時金または年金を受取る仕組みで予定利率が高かった頃は
有利な老後資金としての優位性が高かった。

しかし低金利の今は どうか?

個人年金で支払った保険料の一部は保険コストや経費に充てられ
満額が積み立てられるわけではない。

年金保険は元本割れの時期が長く 利益が出るのに20年近く
かかる。

その間家計が逼迫して中途解約すると元本割れしてしまう。

無事に払込みを終えても0.71%に過ぎない

一方の「積立預金」はいつ解約しても元本割れはない
15年程度なら個人年金保険より効率的

中途解約するリスクを負ってまで個人年金保険に入る
必要はないし それに見合うリターンもない。

積立預金や個人向け国債は自由度が高く低コストで効率もいい
あえて個人年金保険を選択する必要はない。

全くその通りですね。 

何が起こるかわからない今の時代には
長期に渡って縛られる金融商品より
流動性があり自由度の高い金融商品のほうがいいでしょう。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

Amazonでのお買い物で現金500円キャッシュバック! [銀行 証券 保険]

住信SBIネット銀行は
2011年12月5日(月)~2012年2月29日(水)までの間に
住信SBIネット銀行の「即時決済サービス」
を利用して、月間5回以上、Amazon.co.jpで
お買い物をされた個人のお客さまに現金500円をもれなく
プレゼントのキャンペーン

こちらには確実に条件を満たせば500円Getできます。

カード払いだと1ポイント1円 500円分のポイント獲得
しようとすると1000円分購入で1ポイントで50万円購入

アメックスの場合は百円で1ポイント それでも5万円購入

購入金額にもよるが即時決済サービスのほうが若干有利

ただ5回購入しないといけないのが敷居が高いような気が
しないわけではない。

住信SBIネット銀行としては今回のキャンペーンで
「即時決済サービス」の利用を促しいたところでしょう。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

インターネットでチケット販売/ペルソナe-モールOpen! [カード]

コンサートや演劇のチケットの販売が
インターネットで受付可能になりました!
もちろんペルソナWebメンバー限定の特典もついてくる!!
24時間受付可能です。
ペルソナなら、システム利用料や発券手数料など不要! 


ペルソナがどうやらチケット購入がインターネットで
できるようになったみたいです。

チケット販売をインターネットでやれるのは
チケットぴあ イープラスが あります。

商品的にはチケットぴあ イープラスに劣りますが
ペルソナe-モールのアドバンテージは

▼ ペルソナWebメンバー限定の特典

▼ システム利用料や発券手数料など不要

▼ 自社の宝塚歌劇 阪神タイガースなどのシートの確保
  自社の経営資源だから特等席の確保など どうにでもできる。

商品の規模・数では 全国展開の 
チケットぴあ イープラスにはペルソナは勝てない。

京阪神エリアと自社の経営資源に特化したチケット販売を
仕掛けてくるかもしれない。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

スマートフォン使い年金運用確認 [節約・お得]




12月26日付け 日経新聞夕刊の記事から
確定拠出年金(日本版401K)の加入者がスマートフォンで
運用状況の確認や運用商品の変更などかできるようにする動きが
広まっている。

来春までに国内400万人強に上る加入者の半分が利用できる見通し
外出先などで いつでも 運用内容を見直すことができる。

まぁ確かに便利にはなりますが FXとか株式トレードならともかく
外出先で変更するほど頻繁に変更が発生するのかという気もしないわけでは
ありません。

スマートフォンは確かにいつでもどこでも見るには確かに便利ですが
運用状況をシミュレーションしたり分析・加工するのならば大きな
画面のパソコンのほうがいいのではないかと思います。

スマートフォン iPad2 パソコンと使っているのですが
やはりデータの加工・分析は パソコンのほうが格段にやりやすい
画面は大きいし文字入力はキーボードでやりやすい

スマートフォンは いつでもどこでも閲覧可能ではありますが
あの小さな画面と入力のしぬくいソフトキーポードはとても
大量で複雑な事務処理には向かないでしょう

ちまたでは パソコンが全てスマートフォンとタブレットに
置き換わり駆逐されとる言われてはいますが
多分デバイスごとに住み分けていくのではないかと思います。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ソフトバンク3年連続 好業績・格上げで信頼 [節約・お得]

日経ヴェリタスの記事から 個人向け社債で1位の
ソフトバンクは3年連続首位となりV3を達成した。

ソフトバンクは今回3年債から5年延ばすことによって
1%以上の金利を確保した。
業績改善や格上げなども評価され1000億円の大型起債を
実現できた。

一般的な預金より高金利を狙うならいい

ソフトバンクは確か社債を購入した場合 優待が付くのは
聞いたことがある。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

海外の銀行に口座を開設し直接投資するのにいいのは [銀行 証券 保険]

日本国内の金融機関を通じて海外投資するのではなく
海外の銀行に口座を開きそこを通じて海外の
株式や債券 ETF 投資信託を購入しようというわけです。

1980年の改正外為法の施行によって海外の銀行に
口座を開設することは違法ではありません。

今もっとも海外口座を開設する上でいいのは香港

まず税制面での優遇
香港では株式売却益 配当・利子に関する課税は
ありせん。

投資商品が豊富に揃っている。

香港に銀行を開設するうえで一番いいのはHSBC銀行




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日経平均リンク債 [銀行 証券 保険]

SBI証券が取り扱っている日経平均リンク債

当初の日経平均株価から、今後1年半の間で35%以上の値下がりがないと
考えている方には、年率4.80%(税引前)の好クーポンを
享受できる可能性があります!
(日経平均が35%以上値下がりした場合には、元本割れのリスクがあります)。
お申し込み単位(額面)50万円以上、50万円単位


35%以上 値下がりがないと年率4.80%のリターン

今の株価からみるとだいだい5624円より日経平均株価が下落すれば
損しますが 1年半の間 下落しなければ4.80%のリターン

日経平均株価 5624円以下というのも考えづらい

リーマンショツクの安値で7054円

今の株価低迷時のリンク債なら確率的に
みたら儲かる可能性のほうが高い








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

JCB E.GOカードの更新カードが届きました [カード]

JCB E.GOカードの更新カードが本日届きました

JCB E.GOカードは年会費永久無料です
このE.GOカードですが 現在申し込みはできません。
取り扱っていないのです。

女性向けのJCB LINDAカードは取り扱っています。

いっときは男性のJCB E.GOカードと
女性のJCB LINDAカードをペアで紹介して共同のコラポで
恋人同士が持つカードとして売り込んでいましたが


JCB E.GOカードを選んだ理由はJCB E.GOカードの
サイトが とにかくカッコよかった

なんか持っているだけでデキる男に見えたのです。

当時はJCBゴールドカードを持っていたのですが
JCB E.GOカードの
サイトを見たら ゴールドカードがなんとなく野暮ったく見えたのです。

結局のところそのカッコよさに惹かれてJCBゴールドカードから
JCB E.GOカードに変更したわけです。

でもあれだけカッコいいサイトを作ったのに無くしてしまうなんて
惜しいことをした。

JCBは もう男性向けに特化したカードは作らないのでしょうか?
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー