So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

10年前に比べて貯金は? [資産運用]

6月30日 日経新聞の記事から

家計調査によると 30代 40代 50代の勤労者世帯は

10年前の1998年に比べて貯金が減り負債が増えている。

全年代が減少 特に30代は悲惨 純貯金が157万円のマイナス

つまり貯金よりも借金のほうが多い

最大の要因は住宅取得

30代で住宅ローンの借りている人の割合は2008年に37.9%

なんと3人に1人以上が住宅ローンを抱えている

また現代の30代はパブル崩壊後の景気低迷で就職難に直面した人も

多く低所得で貯金が増えにくい面もある。

このグラフを見て一番悲惨なのは30代

40代 50代は 貯金は減っているとはいえマイナスにはなっていない

まがりなりにも貯金はある

取得した住宅が 高度成長期のように上昇すれば 「借金も資産のうち」と

言えるのだが 今みたいに下落しているとそうも言ってはいられない

日本は少子高齢化が進んでいるので ますます下落する

特に昨今は、ボーナスゼロ 賃金引下げ 最悪の場合リストラ

ローンが払えなくなって取得した住宅を手放しても買値より売値が

低ければ借金だけが残り 残りの人生は借金返済の為に働くことになる

その為 蓄えもなく老後も迎えることになる

少しでもいいから老後に備えて資産運用をしておこう

特に最近は5千円から積み立てできる投資信託も販売されている
年代別貯金の変化.JPG

この記事がniceと思った方は、

ランキング応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

じつはこのブログは●位なんです。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

ペルソナ切り替えカードが送られてくる [カード]

ペルソナの切り替えカードか゜送られてきました。

デザインは若干変更されています。 HANA PLUSに

代わってSTACIAに変更されていました。

それより一番変わったのは 以前はHankyu

今度のカードはHANSHINも 記載されていました。

つまり阪急 阪神両方で使えます。 

PitaPaの定期券は古いカードを持って行って

新しいカードに移行しました。

古いカードに入っていたJRイコカ分の代金は中途半端に残って

困っていたのですが後日返済

ないしは相殺されるとのことでした
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

三菱グループに投資するETF [節約・お得]

6月28日付け日経新聞の記事から

7月中旬に三菱グループ企業に投資するETFを東証に上場する。

三菱グループ企業26社

S&P三菱系企業郡上場投信 信託報酬は0.5%

最低売買金額は1万円程度 個人投資家でも買いやすい

三菱グループに投資する信託としては

「ダイヤモンドセレクト日本株オープン」がありますが 

信託報酬料は 純資産総額に対して年率0.9975%(税込)

S&P三菱系企業郡上場投信のほうが信託報酬も安いし 

指値売買ができることを考えれば こちらのほうがいいでしょう

日本の財閥は 三井 住友 三菱でしたが 

三井と住友は合併したような感じですから

まともに残っているのは三菱のみ

歴史もあり ある意味 日本の最強企業集団かもしれません

三菱グループ全て購入すれば膨大なお金がかかりますがETFなら

小額投資で可能 

ヘタな日本株のアクティブファンドを購入するよりも 

日本のトップエリート企業群 三菱グループを購入したほうが

賢いかもしれない
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日興アセット 住友信託が買収へ [銀行 証券 保険]

6月26日 日経新聞 夕刊の記事から

住友信託グループの資産運用残高は26兆円

日興アセットを傘下に収めれば資産規模は35兆円

国内最大級の運用機関になる。

6月27日付け日経新聞の記事から

日興シティ信託 売却交渉再開

かって住友信託銀行は UFJ信託を合併しようと

しましたが 三菱東京に横取りされ苦湯を飲まされましたが

もし日興アセットも住友信託が手に入れれば 

最強の信託銀行になるのでは

どちらにしても住友信託が強くなることは住信SBIネット銀行にも

よい影響を与えるでしょう

顧客にとっては大歓迎です。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

通販、 コンビニ・百貨店抜く [節約・お得]

6月26日付け日経新聞の記事から

通販は2008年度の全国売上高は推定8兆円強 

コンビニや百貨店の規模を抜いた模様

自宅や外出先からパソコンと携帯電話を使い

インターネット経由で注文する比率が7割に達する

働く女性・高齢者の増加により自宅で買い物をしよう

とする傾向から成長が続きそうだ

このプログでも何度も取り上げていますがネット通販が

伸びています。

このままいくと店舗と販売員の比率は下がっていくでしょう

流通業に就職するならばこれからは 店舗よりネット通販の

企業かもしれません。

販売員よりネットマーケッターが引く手あまたになりそうです。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ショッピング

新生銀行とあおぞら銀行 来年秋に合併へ [銀行 証券 保険]

6月25日付け日経新聞 夕刊の記事から

新生銀行とあおぞら銀行が2010年秋に合併する計画で

基本合意した。

合併比率は1対1 対等合併

両行と総資産単純合計は18兆円 中央三井トラストを抜く

国内第6位の大手銀行が誕生

中央三井トラストは 新生銀行 あおぞら銀行連合軍に

抜かれたわけですが 起死回生策として住友信託銀行と

合併してもいいかもしれませんね

住友信託銀行と中央三井が合併して日興アセットを

手に入れれば最強の信託銀行になるかもしれません

そうなってくると真後ろから迫ってくる住友信託銀行に対して

りそな銀行は 引き離しの為 新生銀行 あおぞら銀行と

合併すれば どうなるか?

3月11日付け 日経新聞の記事から

りそなの時価総額が 3メガバングの一角の みずほを上回った

りそなが 新生とあおぞらと合併してみずほを

逆転すれば面白いことになる

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

日興アセット買収 3社の争い [銀行 証券 保険]

6月24日付け日経新聞の記事から

住友信託 T&D 米ニューヨーク・メロンの3社争い

住友信託 T&Dは日興アセットの買収により本業の信託

生命保険との関連が深い資産運用業務を抜本的に強化できる

米ニューヨーク・メロンは日本での事業拡大に弾みが付く

日興コーディアル証券は三井住友の手に落ちましたが

日興アセットは どこが手に入れるか?

個人的には住信SBIネット銀行で住友信託のサービスを

受けられるので住友信託に手に入れて欲しいところだが

どうなるか?
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

米国発の「ギルト・グループ」会員18万人 [節約・お得]

6月23日 日経新聞の記事から

高級ブランドを最大7割引きで購入できる米国発の

アウトレットサイト 「ギルト・グループ」が人気を集めている

国内外の約70プランドを扱う プランドの本社や正規代理店から

直接仕入れる

ギルトには様々なプランドのセールがほぼ毎日ある

会員になるには既存会員からの招待メールが必要

ネットの買い物カゴに入れてから10分以内に購入しないと

自動的にキャンセルになる仕組み

セール開始と同時に売り切れる商品も多い

このギルト 上手い点を突いています。

まず誰でもが会員になれない 招待制を取っていることで希少性があり

選ばれた者は優越感を味わえる。

10分以内に購入しないと自動的にキャンセルになる

消費者をせかすことによって確実に購入に結びつけている。

売れる仕組みができています。

タグ:激安
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

車は「借りる」が得 [節約・お得]

週間ダイヤモンドの記事から 興味があった図があったのでスキャン

してみました。

車の所有と 借りる の 損益分岐点は月60時間使用するが分岐点

車を月60時間使用しないのなら カーシェアリングや格安レンタカーが

断然お得

月60時間というと 1日平均2時間使用する計算になります。

通勤にでも車を使用しない限り1日2時間は通常は 使わない

通勤で片道1時間以上 使用した場合のみ

そうなってくると 断然 「借りる」が得


車の所有分岐点.JPG


この記事がniceと思った方は、

ランキング応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

じつはこのブログは●位なんです。
タグ: 激安
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アイフォーンにマンガ有料配信 [節約・お得]

6月21日付け 日経新聞の記事から

講談社 角川書店など日本の大手出版社が米アップルの

携帯電話向けにマンガ作品などの本格的な有料配信を

始める。書籍のマンガより4割前後安い価格で発売するもよう

いずれは 全て出版物は こうなるのではないでしょうか

雑誌 新聞 書籍等 全てのメーカーの携帯電話で

読める日が来るでしょう

紙がなくなれば エコの点からも省エネの点からもよいでしょう

印刷 保管 配送 返品 紙の媒体には付き物のこれらの一連の作業がなくなり

膨大な社会的コストの削減になります。

読者にとっても低コストで 出版物がGetできます。 

本屋に買いに行く手間もなくなるでしょう 携帯電話で瞬時に読めます。

この記事がniceと思った方は、

ランキング応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

じつはこのブログは●位なんです。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ