So-net無料ブログ作成

ソニーはコンテンツ事業をどうするのか? [節約・お得]

日経新聞の記事から

5%超を保有していた音楽配信世界最大手
スポティファイ・テクノロジー株の一部を
売却し約1000億円の利益を計上する

ストリンガー氏が残した置き土産である
スポティファイ株が思わぬ利益をもたらした。

ソニーはスポティファイ株で得た現金を
所属アーティストへの報酬に充てコンテンツへの投資を進める

かってストリンガー氏がソニーはハードとコンテンツの
両方を持っている そんな企業は世界中探してもソニーだけだ
と言っていましたがその割には業績は良くなかったですが

ここにきてコンテンツを持っていることがソニーの強味に
なるかもしれません。

最近ではアップルでさえ映画を製作しようとしています。

映画・音楽と豊富なコンテンツをソニーは持っています。

スマホやテレビはサムスンや中国の家電メーカーに
価格競争では負けるかもしれませんが 
コンテンツは家電製品のように汎用品になりづらい

VARやPSPとコンテンツを組み合わせれば
サムスンや中国の家電メーカーと差別化が図れます。

ソニーの強味はエレキ 金融 エンタメと3つ揃っていることです。





日本再興のカギを握る「ソニーのDNA」 (講談社+α新書)

日本再興のカギを握る「ソニーのDNA」 (講談社+α新書)

  • 作者: 佐高 信
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/04/20
  • メディア: 新書



スポンサードリンク↓↓↓







スポンサードリンク


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る