So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

みずほ信託銀行 介護相談付き信託商品販売開始 [節約・お得]

日経新聞の記事から

みずほ信託銀行は8月25日介護相談や見守りサービスなど
高齢者の生活を支援するサービスを付けた新しい
信託商品を発表した。

14社と提携 高齢者の需要を取り込む

取り扱い開始は8月28日から

3千万円以上預け入れる個人が対象

資産を年金のように受け取ったり詐欺被害に合わないように
解約制限したりできる

信託契約した人には介護施設への入居などのサービスを
提供する。手数料は初期費用として信託財産の2%

親が認知症になったりして判断能力がなくなると
親の介護費用が必要になっても 親の介護のために使う
場合でも 子供は親の財産を引き出すことはできません。

この場合判断能力のなくなった親の財産を引き出すには
成年後見制度と家族信託の二つの方法があります。


成年後見人制度は これは管理がメチャクチャ大変です。

成年後見人は、家庭裁判所が指名しますが
身内でもなれない場合があります。

外部の司法書士が成年後見人になる場合がありますが
昨今は財産の横領が増えています。

司法書士とて油断ができません。

そうした場合にいいのが家族信託です。

家族信託は成年後見人制度より圧倒的にいいです。

ただ家族信託は最近できたばかりなのでそのためのノウハウを
持っている司法書士がほとんどいないのです。

今回の みずほ信託銀行の参入は ノウハウを持っている
司法書士がいなかったため難しかった家族信託が
できるようになります。




検討してみよう! 家族信託の基礎知識

検討してみよう! 家族信託の基礎知識

  • 出版社/メーカー: ファーストプレス
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: Kindle版



スポンサードリンク↓↓↓







スポンサードリンク


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。