So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

クラウドで明暗を分けたマイクロソフトとIBM [資産運用]

日経新聞の記事から

マイクロソフト復調 4~6月純利益2倍に

主力のクラウド販売倍増

クラウド経由でITインフラを提供する「アジュール」は
97%増と大きく伸びた

ウィンドウズ企業から上手くクラウドに乗り換えれた。

対するIBM 同じく日経新聞の記事から

米IBM クラウドで後手

21四半期連続で減収

従来型のハードウェアやITサービスの収入減収に
歯止めがかからない

IBMのメインフレームの4~6月の売上高は
33%減に沈んだ

ハードからソフトやコンサルティングまで一括提供して
高い収益率を上げる従来型のIBMのビジネスモデルが
通用しにくくなっている。


IBMのクラウド事業も伸びてはいるが
従来のハードやサービスの収益を失う共食いを招いている。

人工知能「ワトソン」やビックデータやセキュリティなどは
伸びているが 従来型のIT事業の減収を補えない

メインフレームをどこかの企業に売却できればいいのですが

昔 パソコンのThinkPadを中国のレノボに売却したように

DellかHPが購入してくれればいいですが

IBM自体は特許件数世界第一 ノーベル賞研究者も抱えており
技術力自体は世界一なのですが

既存の事業が落ちるところまで落ちないと 
売上は浮上しないかもしれませんね




スポンサードリンク↓↓↓






スポンサードリンク


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました